恋愛を成功させるのに一番必要なことは、ポジティブであるということです。ネガティブな人には恋愛はできないものなのです。
たとえどんな状況であっても、ポジティブに考えることでいい方向へと進んでいきます。恋愛とはそういったものです。
そもそも恋愛というもの自体がポジティブなものであるわけですから、それを手に入れられるのはポジティブな人だけだということです。
しかし、恋人という関係にいながらネガティブになっているような人もいることでしょう。ということは、ポジティブでなかったとしても恋人は作れるということにもなります。
ただ、恋愛をしているということと恋人がいるということとは似ているけれど違うものなのです。
恋人という関係はある意味契約です。お互いがそんな関係でいようということで約束を交わしているわけです。
ですから恋愛ではなかったとしても恋人になることは出来るわけです。とは言っても実際には殆どそんな事はないとおもいます。
しかし、擬似恋愛ということで恋人関係を続けている人もいるでしょうね。ずるずると恋人という状態から脱することができない人もいますからね。
本当に恋愛をするということは、お互いに約束なんて必要ないわけです。もちろん結果として恋人というような関係にはなるでしょうけどね。
ですから、恋愛をしたいというのならばポジティブであり続ける必要があります。でも、ただ恋人が欲しいというのならば、決してその限りではないということです。
どちらを望むにしても、ポジティブでいたほうがいいことには違いはないですけどね。

恋愛は一人では出来ません。そんな事は誰もがわかっていることでしょうが、いざその恋愛をつかもうとした場合、一人で突き進むことが殆どでしょう。
気になる相手に対して自分の存在をアピールするときは当然一人ですからね。恋愛を手に入れるまでは一人で進むしかないわけです。
もちろん恋人という関係になれればそこからは二人で進んでいくことになるでしょう。でも、それまでは自分ひとりで全てを解決していかなくてはいけないわけですからね。
しかし、はじめにも言いましたが恋愛は一人では出来ないものです。たとえその恋愛が実を結んでいなかったとしても、それは変わりのないことです。相手がいてはじめて恋愛は成立するわけですからね。
ですから、気になる相手に興味を持ってもらおうとした場合、自分の都合だけで行動してはいけないということなのです。
自分から積極的にアプローチをするとしても、相手にも協力してもらわなくてはいけません。
ようするに、絶好のタイミングというものを相手の協力のもとにつくるわけです。
もちろん直接お願いをして聞き入れてもらえるような関係ではないわけです。そんな関係ならばわざわざアプローチをする必要はないですからね。
ですから、そうなるように誘導をしたり、そんなタイミングを見極めるようにするわけです。
自分だけで何かをしようと考えた場合、上手くいく可能性はかなり低くなることでしょう。
恋愛は一人ではなく二人でするものですからね。

自分の気持ちを伝えるだけでは恋愛は成り立ちません。相手がなにを求めているのかということをちゃんと理解できなくてはいけないのです。
恋愛は一方通行ではいけないということです。
自分の気持ちを伝えるだけで良いのであれば、恋愛とはいえないでしょう。それはただの憧れというものです。ファンと同じですね。
恋愛は自分の気持ちと相手の気持ちとのセットで考えるべきものです。
もちろんそのふたつが別の方向を向いると言うこともあるでしょう。そうだととしても、それでも恋愛です。ただ上手くはいかないというだけの話です。
しかし、どうせ恋愛をするのであれば、上手くいきたいものです。恋人同士という関係になりたいものです。
そのためにも、それぞれのメッセージはしっかりと受け取って理解しなくてはいけないわけです。
相手がどう受け取るかということを強制する事は出来ません。ですから、しっかりと届くように心を込めるしかないでしょう。
しかし、自分に届いたメッセージに関しては、自分がしっかりと理解するようにすれば良い訳です。
心のそこにあるものをちゃんとわかることです。それが出来なければ、恋愛を進展させるということが出来なくなるでしょう。
もちろん常にいい結果が待っているということもないわけです。
残念な結果ということもあります。しかし、それはそれでしっかりと受け入れるためにも、相手のメッセージはちゃんと受け取る必要があるというわけです。
次の恋愛のためにも必要なことです。

恋愛とは感情的なものですよね。好きになってしまうと周りが見えなくなってしまうというような人もいますからね。
しかし、恋人という関係になっても周りが見えないようでは困りものです。それではいい恋愛をする事は難しいかもしれません。
長くいい関係を続けたいのであれば、冷静さというものがもっとも重要になってくるのです。
感情的な恋愛ではありますが、冷静にコントロールすることが必要になるわけです。
ちょっとした行き違いが生じた場合、感情的な部分が主導権を握ってしまう恋愛では思いも寄らない方向へと転がってしまう可能性があります。些細な事が原因でけんかをしたとしても重大な亀裂を産むことになるかもしれないということです。
感情的になると人は思ってもいないことを口走ります。それが本心だというような人もいますが、感情的になっているからといって本心を言うわけではないのです。
もっと単純に手近にあったもので攻撃を加えるということです。子供が手当たり次第に物を投げる行為と同じです。
ただ、大人になると言葉での攻撃という方向に走るだけです。
ですから、些細なことでけんかになってしまっても感情的になってくると相手にどれだけのダメージがあるかということも考えないで、手近なものを言葉にして投げつけるのです。
過去の失敗などはとても投げつけやすいものです。しかし、投げつけるものによっては取り返しがつかないことにもなるわけです。
そんなことにならないように、冷静であるということは必要になるわけです。
少なくとも、何を投げつけようとしているかは把握できる冷静さは持たなくてはいけないでしよう。

変化を恐れていては恋愛は出来ません。日々の暮らしで満足しているような場合、新しい何かを受け入れることは出来たとしても、今まであるものを捨ててしまったり、変えてしまうというような変化に対して拒否反応を示してしまうということもあるでしょう。
それが大きくなると恋愛に対して不安に感じてしまうわけです。
恋愛というものは何かしらの変化は必ずもたらすわけです。
まったくの他人だった人格と深く関ることになるわけですからね。
大事にしていたものを捨てなくてはいけなくなるかも知れないわけです。生活習慣も変わってくるかもしれません。もしかしたら、趣味も変わることもあるでしょう。
色々な変化を伴うのが恋愛です。
逆にまったく何の変化もないような恋愛だったとしたら、それは面白くない恋愛といえるかもしれません。
あるいは、恋愛だと思っているだけで本当の恋愛ではないのかもしれません。
自分の生活を守りたいと人は思うでしょう。恋愛とは別のものだと考えるかもしれません。しかし、恋愛というものは、自分の生活の一部であるべきものですから、別のものと出来るわけがないのです。
変化を受け入れること出来ないというような人は、恋愛をすべきではないかもしれませんね。
あるいは、そう思える相手に出会っていないだけかもしれません。
いずれにしても、恋愛は変化を伴うものだということは理解しておくことです。
変わって当然ですから、そのことで不安に思うようなことなんて必要のないことなのです。

ogtzuq